News Detail

Media

「ブレーン」(2013年11月号)に、ダイキンxチームラボ「雲プロジェクト」が掲載

総合空調メーカーであるダイキン工業と、デジタルコンテンツを手がけるチームラボによる雲プロジェクトがスタートしたのは昨年1月。発端は、「人が1日20キロも口にしている空気に対して、多くの人に関心を持ってもらいたい」というダイキンの想い。同社の温度や湿度をコントロールする技術を用いて、人々の関心を集める映像をつくりたいと考えた。

タッグを組んだチームラボが提案したのは、ただ印象的な映像をつくるのではなく、その制作プロセス自体を楽しめるものにすることで、長期にわたって注目を集め、話題化するということ。「空気のプロであるダイキンの技術力をアイコン的に象徴する雲を用いて、『そこにきれいな映像をプロジェクションで投影したら楽しいよね』という発想でプロジェクトはスタートしました。ただ、実現へ向けて検証すべきことはたくさんありました」とチームラボの工藤岳さんは話す。
(本文より抜粋)

ブレーン(2013年11月号/宣伝会議)
2013年10月1日(火)

CONTACT

制作のご依頼・ご相談・お見積もり

お問い合わせ

RECRUIT

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について