News Detail

Media

B.R.ONLINE「Intersect With Styles 谷川じゅんじのスタイル邂逅」に、チームラボ猪子の対談記事

Intersect With Styles 谷川じゅんじのスタイル邂逅 Vol.3

「都市とつながり、人と人、人とクルマが交わる」をテーマとするライフスタイル提案空間〈INTERSECT BY LEXUS〉。そこを舞台に、毎回さまざまな分野のトップランナーたちが、スタイルの未来を標榜する。ホスト役は、スペースコンポーザーの谷川じゅんじ氏。第3回目は、デジタルクリエーターであり、ウルトラテクノロジスト集団チームラボの代表である猪子寿之さんをお迎えしました。

第一印象はネットで知る時代

谷川「今日はお互い、珍しくスーツにネクタイ姿だね。」

猪子「珍しいです笑。ファッションの役割って昔は他者との関係性のためにすごく重要だったと思うんです。特に、第一印象が重要。他者からどの思われるのか、どのように思われたいかを考えて、洋服を選ぶことが大切だった。そして、選ぶブランドは、相手とそのブランドはどのようなイメージを持つかの情報を共有しているのがある程度前提でした。でもインターネットの普及で情報が膨大に増えたことで、他者と共有できる情報がほとんどなくなってきたんです。ロゴマークは、そのブランドの価値を相手と共有しているからこそ価値が生まれるわけです。でもそんな価値観の共有できなくなっている時代になってきているんだと思います。だからこそ、他者との関係性ではなく、自分が気持ち良いかどうかにファッションに関心が移ってきたような気がします。昔は親指のネイルにクリスタルつけていた女性が、いまは人差し指につけている。何故なら携帯がスマホに変わって、自分の視界にもっとも入る指が、親指から人差し指に変わったからです。他者の視点よりも、自分の視界の方が大切になってきたんです。ブランドのロゴよりも、誰もわかんないかもしれない自分の好きなアニメのキャラがついているものの方がいーとかも、そういう現象のような気がします。」
(本文より抜粋)

>>続きはこちら

B.R.ONLINE
2014年2月19日(水)

CONTACT

制作のご依頼・ご相談・お見積もり

お問い合わせ

RECRUIT

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について