News Detail

Media

『EYESCREAM』(2015年3月号)に、石川涼氏とチームラボ猪子の対談記事

Toshiuyki Inoko × Ryo Ishikawa
猪涼対談
第22回 2015はブラックで幕開け、飛んでシンガポール

(中略)■是非とも楽しみにしています。そういえば、猪子さんは最近、シンガポールに足を運ばれたそうですね。
猪子「そうですね。シンガポールでは展覧会に行ってきました。“PRUDENTIAL EYE AWARD”っていう世界中の若手アーティストを発掘する芸術の祭典があるんですけ ど、基本的にはアジア系の方やアジア全域から選ばれるんです。全部で6つの部門、<デジタル/ビデオ>、<ドローイング>、<インスタレーション>、<ペインティング>、<写真>、<彫刻>があるんですけど、僕たちは、 <デジタル/ビデオ部門>のファイナリストとして選ばれたんですね。他には、Chim↑Pomも 選出されましたね。日本人だと他には<彫刻>の部門で名和晃平さんが選ばれていますね。これは部門ごとに3名ずつエントリーされるんですけど、それぞれに優秀賞があるんですよ。また、更にその6名の優秀者の中から1人のアーティストが最優秀賞に選出されるんです。最優秀賞に選出されると、その1人はロンドンのサーチギャラリーで大個展を開けるんですよ」
石川「それはすごいね!」
猪子「でしょ? ちなみに一般公開はマリーナ・ベイ・サンズARTSCIENCE MUSEUMで3月31日 (火)まで公開しています。……でも、最優秀賞なんだけど、なんとなく彫刻かペインティングが選ばれるような気がするんだよね。部門でトップもChim↑Pomが獲るんじゃないかなと思っていて」
(本文抜粋)


EYESCREAM(2015年3月号/スペースシャワーネットワーク)
2015年1月31日(土)

CONTACT

制作のご依頼・ご相談・お見積もり

お問い合わせ

RECRUIT

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について