News Detail

Media

「GQ JAPAN」(2014年11月号)で、チームラボ猪子の連載。

人はいつから花とともに生きているか

人はいつから花とともに生きているのでしょうか。ゴッホの「ひまわり」や、ウォーホルの「Flowers」、そして村上隆や草間彌生、マイケル・リン、チェ・ジョンファなど、世界中のアーティストは、花をモチーフに作品を作っています。日本は、古来よりほとんどと言っていいほど多くの画家が花を描いています。
チームラボも、アート作品に花がよく出てきます。作品のタイトルに花という言葉が入っていることも多いです。よく、どうして作品に花をよく使うのかと聞かれるので、今回は、花についての話をしたいと思います。
もちろん、花は美の象徴です。
また、花が咲き散るさまに、生への賛歌と死のはかなさを感じます。特に、日本の人は、むかしから、うつろうものや、はかないものに美しさを感じていたので、桜や娑羅双樹など、散るさまが美しい花に特別な美しさを感じているふしがあります。何にしろ、花は、生と死の象徴でもあります。
(本文より抜粋)

GQ JAPAN(2014年11月号/コンデナストジャパン)
2014年9月24日(水)

CONTACT

制作のご依頼・ご相談・お見積もり

お問い合わせ

RECRUIT

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について