News Detail

Media

「GQ JAPAN」(2014年12月号)で、チームラボ猪子の連載。

アートで踊り、遊園地で学ぶ

僕らは、今年2014年の11月末から、「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」という展覧会を、東京のお台場にある日本科学未来館で開催します。この展示では、タイトルでも分かるように、「アート作品の展覧会」と、子どもたちが自由に描いた魚が泳ぐ水族館などのアトラクションがある「未来の遊園地」を一緒に展示します。アートと遊園地、このふたつを、なんで合わせて一緒に展示するのかという話を、今回はできたら良いなと思います。
 2012年の春から夏にかけて、チームラボは国立台湾美術館(National Taiwan Museum of Fine Arts)で、美術館での個展をはじめて行いました。アートからプロダクトまでを含めた19作品にも及ぶ個展です。当時、僕もびっくりしたことなのですが、週末になると、その美術館は子ども連れが非常に多くなります。親は、子どもに現代アートに触れてほしいという思いが強いのでしょう。そして、子どもが美術館の中で騒いでいるのです。そこの人々は、子どもが騒ぐことは当たり前だと思っているのでしょう、子どもは美術館でも騒いで良いのです。僕らが展示した作品の中の一つに、同じ空間で大勢が同時に関わることができる作品があったのですが、そこには子どもが大勢集まり、大はしゃぎを続けていました。子どもたちは、共同で、とても知的に創造的なことを行っていたのです。
(本文より抜粋)

GQ JAPAN(2014年12月号/コンデナストジャパン)
2014年10月24日(金)

CONTACT

制作のご依頼・ご相談・お見積もり

お問い合わせ

RECRUIT

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について