News Detail

Event, News

「チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地-」の新店舗が、湘南平塚(神奈川県)に、2016年10月6日(木)オープン。累計入場者数も国内外300万人を突破。

ロゴ
共同で創造する「共創(きょうそう)」を、学ぶことのできる遊園地「チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地-」の日本国内2店舗目が、ららぽーと湘南平塚(神奈川)に、2016年10月6日(木)オープンします。
チームラボが進める教育プロジェクト「チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地-」の中から、新作「Graffiti Nature」をはじめ、「お絵かき水族館」、「お絵かきタウン」、「お絵かきタウンペーパークラフト」、「光のボールでオーケストラ」、「つくる!僕の天才ケンケンパ」、「まだ かみさまが いたるところにいたころの ものがたり」、「小人が住まうテーブル」、「つながる!積み木列車」の計9点を常設展示します。

また、2013年11月にスタートをしたチームラボが進める教育プロジェクト「チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地-」のイベント来場者数が、国内・海外の累計で300万人を達成しました。

ららぽーと湘南平塚(神奈川県): http://island.team-lab.com/event/lalaporthiratsuka/
ららぽーと富士見(埼玉県): http://island.team-lab.com/event/lalaportfujimi/

▼チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地- とは
社会の変化は今後ますます加速していき、テクノロジーは急激に発達し、現状ある多くの仕事は機械によって代行されていくだろうと考えられています。

私達は、今の子どもたちが、30年後にどんな仕事をしているか、想像できません。

今後の社会では、人間にしかできないこと、つまり、創造性が、最も大事になってきていくのです。

人間は本来、創造的です。しかし、現状の教育では、正解が常にひとつだけで、他はすべて不正解という問題の訓練ばかりです。逆に、自由な発想や他人と違った行動は、正解にならないどころか、まちがったものとして矯正されます。それによって、無自覚に間違えを恐れ、本来の創造性を失っていっているのです。
しかし、実際の社会には、正解がひとつだけで、他はすべて不正解だという問題なんてありません。次々に新たに生み出すことが可能な無限にある解答の中から、他人が喜ぶ解答を創り出せば、それが新しい正解だという問題ばかりなのです。
創造性は、インタラクティブで、はっきりとした境界があるわけではなく、様々な分野の相互作用で、明確な正解も不正解もない問題を乗り越えていくのです。

そして、現状、テストは個人で受け、個人の能力で評価されます。知らずに、個人主義を徹底的に叩き込まれているのです。さらに、現代の多くの人々は、スマートフォンに夢中になっています。脳は、スマートフォンを通して誰かとつながっているかもしれないが、身体は徹底した個人になってしまっているのです。

人間は、他者とともに、あらゆる体験を通してこの世界について学んでいますし、動きながら身体でものを考えています。そして、人間は、チームで創造的な成果を出し、社会を発展させているのです。

共同的で創造的な体験、つまり、「共創」の体験、それが、今、人々にとって非常に大事なのではないかと考えています。

同じアート空間で、自由に体を動かし、互いに影響を与えながら、共創の体験を楽しむ場を創っていけないだろうか。そして、そのような体験を楽しむことを通して、日々を共創的なものへ変えていけるのではないだろうか、そういう願いから生まれたプロジェクトなのです。
http://island.team-lab.com/

 

CONTACT

制作のご依頼・ご相談・お見積もり

お問い合わせ

RECRUIT

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について