News Detail

Media

田原総一朗氏×若手企業家の対談本『起業のリアル』に、チームラボ猪子

田原総一朗氏×若手企業家の対談本、『起業のリアル』に田原氏と猪子の対談が掲載されました。

二一世紀では管理職はいらない

田原 チームラボには三〇〇人のメンバーがいます。これだけの人数がいると、普通は管理が必要になります。そこは猪子さんがやっているの?

猪子 昔と違って、いままでの概念で言う管理なんて必要ないです。二〇世紀まではメールもインターネットも、携帯もない時代だったから、情報をやり取りするのも大変でした。一人が情報をやり取りできる人数は限られているから、全体の人数が増えると、あいだに誰か管理者を入れざるをえなかった。そうしてピラミッド型の組織ができたわけです。

田原 そう、日本の企業には、管理が仕事になっている管理職がたくさんいる。だからブラック企業なんていう話になる。

猪子 でも、いまはメールで情報をみんなに一瞬で伝えたり、逆にみんなの情報を一瞬で集めることができるようになった。そうすると、管理職なんていらないかもしれないですね。

田原 理屈はよくわかります。でも、本当にそれでできるのかな。あなたの会社に管理職はいないの?

猪子 永久的な管理職はいないです。基本的に仕事の九割方は、お客様からの相談がきっかけで始まります。具体的なプロジェクトができれば、そのプロジェクトをマネジメントする人を決めますが、そのプロジェクトが終わればその人はマネジャーではなくなる。

田原 ずっと管理職にならないということは、出世もない。若い連中は何をしにこの会社に入ってくるの?

猪子 新しいものをつくりたいからかなあ。

田原 新しいものって、どういうもの? たとえばDeNAとかグリーはゲームをつくっていますが、猪子さんのところはやってないの?

猪子 うん、関係ない。

田原 ソーシャルゲームはつまらない?

猪子 だってやらないもん、おれ。

田原 そうすると、新しいものをつくるって何だろう。あまりにも広すぎて、僕らみたいに古い人間にはわからないところがある。

猪子 そう、広いんです。すべての領域が我々の領域といっていいかもしれない。映像見てもらったほうが早いかも。たとえば最近だと、テレビの生放送の歌番組で、画面に音符を出して、視聴者がそれに合わせてスマホを叩くという音ゲー(音楽やリズムに合わせてプレーヤーがアクションを取ることで進行するゲームのこと)ライブというものをやりました。一四〇万人近くが同時にテレビに参加したのは世界記録でした。
(本文抜粋)

起業のリアル
起業のリアル(プレジデント社)
2014年6月27日(金)

CONTACT

制作のご依頼・ご相談・お見積もり

お問い合わせ

RECRUIT

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について