News Detail

Media

「Metro min.(メトロミニッツ)」(Vol.127)に、成田空港で展示中の「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」の紹介

「月」を愉しむ心は、現代の日本人にもしっかりと息づいている。

「「雪月花」(四季折々の風物の中で、最も雅趣あるものの総称)、「鏡花水月」(目には見えるが、手に取ることのできないもの。また、感じ取れても説明できない奥深い趣)、「花鳥風月」(自然の美しい風景、風流)など...。これまで日本人は、この国の美しさを色々な言葉で表してきました。その表現のために用いたのは、雪、花、水、鳥、そして月などといった"漢字"。さて現代、同じようにそれらの漢字に日本的な美意識を込め、デジタルアートを作り出した人たちがいます。彼らの名前は、「チームラボ」。その作品名は、「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」。」
(本文より抜粋)

世界はこんなにもやさしく、うつくしいWhat a Loving, and Beautiful World / 世界はこんなにもやさしく、うつくしい

Metro min.[メトロミニッツ](Vol.127/スターツ出版株式会社)
2013年5月20日(月)
※都内52駅の改札や地下通路にある、メトロマガジン専用ラック160台で配布

CONTACT

制作のご依頼・ご相談・お見積もり

お問い合わせ

RECRUIT

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について