News Detail

Media

ITmedia「MONOist」にて、チームラボ森田が3Dプリンタを解説(第二回)

パーソナル3次元プリンタ入門(2):3次元プリンタはどう選べばいいの?
今回は、数あるパーソナル3次元プリンタの中から、どうして「Replicator」を選んだのか説明する。
[森田浩史/ウルトラテクノロジスト集団 チームラボ:MAKE部,MONOist]

「その他の装置の造形モデルと比べて、一番仕上がりが微細できれいに感じたのが、Replicatorでした。3次元プリンタのプリントの造形精度を決める主なスペックは積層ピッチ(Layer thickness)です。MakerBotのWebページによれば、Replicatorの積層ピッチは0.2~0.3mmとなっています。同価格帯の3次元プリンタと同等の性能ですが、ユーザーが投稿している画像を比較すると、他の3次元プリンタでプリントした造形モデルよりキレイに仕上がって見えました。

 購入後、実際に試してみると、積層ピッチ0.1mmの設定でもプリントすることができました。ただし、全てのマシンや条件で、この積層ピッチが実現できるかどうかは分かりません。」
(本文より抜粋)

MONOist
2013年4月10日(水)

CONTACT

制作のご依頼・ご相談・お見積もり

お問い合わせ

RECRUIT

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について