News Detail

News

4/27(土)より、成田空港にて、紫舟+チームラボ「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」が体験できるようになりました。国内空港で参加型デジタルアート作品の常設は初の試み

4/27(土)より、成田空港第1ターミナル南ウイング4階、出発ロビーGゾーン付近ウェイティングエリア(手荷物検査場の左側、両替所があるところ)の凹型曲面有機ELパノラマビジョンで、紫舟+チームラボ「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」が体験できるようになりました。


『世界はこんなにもやさしく、うつくしい』は、2011年に発表し、アジア、南米、ヨーロッパ圏の計6ヶ国を巡回。欧州最大のバーチャルリアリティ博覧会「Laval Virtual」(フランス)の国際コンテスト「ReVolution」では、「建築・芸術・文化賞」を受賞。イッカン・アート・ギャラリ―「エクスペリエンス・マシーン」(シンガポール)の展示は、世界中のアート関連ニュースを配信しているオンライン情報誌「Artinfo」にて、国内で開催された美術展(美術館を含む)のベスト4に選ばれました(2012年)。また、スイスのダボス会議や、ノーベル賞授賞式の関連公式行事「Nobel NightCap」(スウェーデン)にて、作品を披露しました(2012年)。

今回の「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」は、成田空港内に計100台設置されているデジタルサイネージの中で、最大となる、凹型曲面有機ELパノラマビジョンを使用。国内空港で参加型デジタルアート作品の常設は初の試みです。

世界と日本が交わる成田空港で、日本は、世界に誇る『長い歴史』の中で文化が培われていて、そして、それは、過去のことではなく、ちゃんと『未来』まで連続していく、そのようなことを、直感的に伝えることができればと考えています。

そして、『誰も観賞していない状態』、『1人で観賞している状態』、『複数人で観賞している状態』とで、見え方が変化するこの作品は、世界中の人々が日本から飛び立つ時に、『歴史』と『未来』、『文化』と『先端テクノロジー』が交錯する国として、旅を共にした人との最後の日本の思い出となればと思います。

作品動画:http://www.youtube.com/watch?v=czdVuiqmXog
作品事例:http://www.team-lab.net/latest/case/narita_airport.html
作品ページ:http://www.team-lab.net/portfolio/loving/whatloving.html

 

 

▼出品作品
≪世界はこんなにもやさしく、うつくしい≫

紫舟+チームラボ, 2011, インタラクティブアニメーションインスタレーション, 書: 紫舟, 音楽: 高橋英明

あなたが、書に近づくと、その書が具象化され、世界を創っていきます。

具象化されたものは、世界の中で、互いに影響します。鳥は、木が好きだったり、雨が降っていると、土から芽がたくさん出たりします。世界は、互いが関係しあって、常に全く新しい景色を創り続けます。

[CONCEPT]
漢字は、もともと、亀の甲羅や牛や鹿の骨、青銅器に刻まれていました。その頃、漢字の一文字一文字は、1つの世界を持っていました。浮遊する書が、あなたに反応し、あなたを通して、漢字が持っていた世界が広がります。漢字一文字が持っている世界、書に込めた思い、そして、あなたの行為と、まわりのひとびとの行為、そういうものが重なって、世界は創られていきます。

[DETAILS]
映っている映像の裏側には、空間があり、書から生まれた花や木、蝶や鳥などは、その空間にある他のものの影響を受けな がら、3D空間上でリアルタイムに計算してアニメーションしています。例えば、風が吹けば、風の物理的な影響を受けます。蝶や鳥は、花や木が好きで、 近づいていくし、人も、そっと優しく接すると、好かれるかもしれません。書から生まれたいろいろなものたちは、空間上のそれぞれの位置や、関係性などによって、知能や物理的な影響で、複雑かつ、自然にアニメーションします。自然界に同じ瞬間がないのと同じように、作品の瞬間瞬間は、二度と見ることはできず、常に初めての景色を創り出します。

[概略]
開始日:2013年4 月27日(土)
実施時間:毎時30分間(6時~22時の、毎正時~30分まで)
場所:成田国際空港 第1旅客ターミナル南ウイング4階出発ロビー

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

From Saturday, April 27, visitors can experience "What a Loving, and Beautiful World," by Sisyu and Team Lab on the concave, organic EL Panorama Vision display in the fourth floor waiting area of Narita Airport Terminal 1's South Wing (on the left side of baggage inspection at the departure gate, near the bank and exchange counter).

"What a Loving, and Beautiful World" debuted in 2012 and has since toured Asia, South America, and Europe, stopping in a total of six countries. It won the Architecture, Art & Culture award at Laval Virtual, Europe's largest virtual reality exposition. In 2012, the exhibit at The Experience Machine of Ikkan Art Gallery (Singapore) was selected as one of the best four domestically shown art exhibits (including art galleries and museums) by Artinfo, an online information magazine providing international art-related news. The work has also been shown in 2012 at the Davos Conference in Switzerland and the Nobel NightCap, an official event of the Nobel Prize Award Ceremony.

In Narita Airport, a crossroads for Japan and the global community, Japan continues to foster culture as part of it's proud, long history. It's hoped that, rather than being stuck in the past, this will convey an intuitive message of sound continuity into the future.

It is hoped that this work of changing appearances—a state viewed by no one, a state viewed by one, a state viewed by several—will offer a final memory of Japan to people from around the world as they depart this nation, and will serve as a reminder of how Japan blends history, future, culture, and cutting-edge technology.

Moviehttp://www.youtube.com/watch?v=czdVuiqmXog

Casehttp://www.team-lab.net/en/latest/case/narita_airport.html

Artworkhttp://www.team-lab.net/en/portfolio/loving/whatloving.html


 

 

▼ARTWORK
≪What a Loving, and Beautiful World≫

Sisyu + teamLab, 2011, Interactive Animation Installation, Calligraphy: Sisyu, Sound: Hideaki Takahashi

Each sho (calligraphy) character embodies its own world. When your shadow touches the sho the world contained within it is released. Within that world everything is connected. Birds are attracted to trees, when it rains seedlings sprout from the ground. Because everything in the world is connected, each new landscape that is created is original and unique.

[CONCEPT]

Originally kanji (Chinese Characters) were carved into turtle shell, cow or deer’s bone, or cast in bronze ware. Each Individual kanji contained its own world of meaning. The floating kanji in this installation react to your shadow and open up to reveal the worlds contained within them. The world of the kanji, the thoughts and feelings of the calligrapher, your actions, and that of those of people around you, all overlap into one world.

[DETAILS]
All the flowers, trees, butterflies and birds that evolve from the kanji, react to each other in a 3 dimensional computer space that is created in real time. For example, if the wind blows then the wind will have a physical effect on the objects. Butterflies are attracted to flowers, birds to trees, and if you approach them carefully they may be attracted to you. The kanji and the objects that evolve from them are placed in terms of simple set of rules that create complex natural animations. Just as in the natural world, no two moments are ever the same, and new and original landscapes are constantly created.

[Overview]
Opening Date: Saturday, April 27, 2013
Operational Times: Thirty minutes every hour (From 6am to 10pm, on the hour until thirty minutes after the hour)
Location: Narita International Airport, Passenger Terminal 1, South Wing, Fourth Floor Departure Lobby

CONTACT

制作のご依頼・ご相談・お見積もり

お問い合わせ

RECRUIT

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について