News Detail

Media

「六本木未来会議」に、チームラボ猪子のインタビュー

まだジャンルすら不明瞭で
価値のはっきりしていない
クリエイションの受け皿になる

"六本木がそういう新しいカルチャーやクリエーションの受け皿になるために必要なこと、それは、強い意志だよね。未来に対する強い意志。10年後とか20年後を考えて、意図的に受け皿になるわけだから。意志でもあるし、勇気とも言える。今世界で評価されているものをピックアップすることに勇気はいらないし、お金があれば集めることもできるけど、価値がわからないものを選ぶってけっこう難しい。"
(本文より抜粋)

六本木未来会議 (日本語)
2012年9月19日(水)

Become a place for creations
which have not even been specified by genre and
whose values are yet uncertain

"Roppongi needs to have a strong will to become a place for new culture and creations. A strong will for the future is needed because you have to set your mind to becoming such a place while thinking about 10 years or 20 years on from now. You have to have the will, and you might even call it courage. Courage is not needed to pick up works that have already gained global recognition; you could make a collection of such works if you have the money. But it's quite difficult to choose works whose values people are not sure of."
(Excerpt from the body)

Roppongi Future Talks (English Article)
Sep. 19, 2012

CONTACT

制作のご依頼・ご相談・お見積もり

お問い合わせ

RECRUIT

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について