News Detail

Media

「SHIFT」に、チームラボ猪子のインタビュー

チームラボ「藝術超未來」展、秩序がなくてもピースが成り立つ 

今回の作品で伝えたかったことはいくつかあるのですが、まず「抑制されていない、アンバランスなものの美しさ」というテーマがひとつです。昔の日本人は不完全なものの美を知っていました。例えば竜安寺の石庭、禅寺の石のカタチ。大自然の中で“いびつ”な、エネルギーの塊をピックアップしています。盆栽も同様、小さな器の上に、めいっぱいの生命が溢れ出た小宇宙になっていますよね。アジアのデザインはエネルギーを解放するようなもので、逆にヨーロッパのデザインは抑制によって成り立っていると思います。
(本文はこちら)

SHIFT

2012年7月

TEAMLAB EXHIBITION "WE ARE THE FUTURE" 

There are some messages in this work, but a theme of 'beauty of unbalanced things that are not restrained' is one of them. The old Japanese knew the beauty of incomplete things, such as the stone garden of Ryoan-ji and the shape of the stone at Zen-ji. They pick up a lump of the distorted energy in nature. The same idea applies to bonsai since they become a microcosm filled with life in a small container. Asian design seems to unleash energy while European design is made up of many restraints.
(Excerpt from the body)

SHIFT (English)

July, 2012




 

CONTACT

制作のご依頼・ご相談・お見積もり

お問い合わせ

RECRUIT

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について