News Detail

News

SOMA美術館(韓国)にて、『88ソウルオリンピック開催25周年記念 力, 美はどこにあるのか?』(7/12~9/22)が開催。チームラボは「世界は、統合されつつ、分割もされ、繰り返しつつ、いつも違う」を展示

In English

pic

SOMA美術館全館(韓国)にて、『88ソウルオリンピック開催25周年記念 力, 美はどこにあるのか?』展を開催。夏季オリンピック開催の経験がある日本(1964年)、韓国(1988年)、中国(2008年)に加え、台湾を含む4カ国から計14名(チーム)のアーティストが参加。チームラボは「世界は、統合されつつ、分割もされ、繰り返しつつ、いつも違う」を展示します。会期は、7/12(金)~9/22(日)です。

▼出品作品
≪世界は、統合されつつ、分割もされ、繰り返しつつ、いつも違う≫
http://www.team-lab.net/all/artlist/ufri.html



本作品は、鑑賞者自身が作品の一部となる、インタラクティブな作品。

伊藤若冲(1716 –1800)は、近世日本の画家の一人。江戸時代中期の京都にて活躍した絵師。若冲は、升目画などと呼ばれる、画面全体を数万もの升の形に区切って升目ごとに彩色する、特異な表現方法を残している。本作品は、「鳥獣花木図屏風」や「樹花鳥獣図屏風」をモチーフにしている。

升目画は、どこか、コンピュータの機能的制約でできあがったピクセルアートに通ずるところがある。若冲の升目画は、西陣織(京都西陣で織られる伝統的高級絹織物)の制作工程の工業的制約か、もしくは、それに触発されて描かれたのではないかとの説がある。ピクセルアートも、機能的制約で生まれたが、機能的制約がなくなった現在でも、表現の一方法として愛されている。若冲の升目画に、直感的に感じるデジタル感とは、そんなところだと思われる。

インターネットがメディアの中心となった現在は、コンテンツと人々の関係が変化してきている。制作者と鑑賞者の境界は非常に曖昧になってきているのだ。人々は、コンテンツに対する完全な鑑賞者というよりは、コンテンツに直接関わり、情報を追加したり、編集したり、もしくは、変化させたり、2次創作したりしている。人々はコンテンツに対して参加するという形でよりつながり、一体となってきている。

本作品では、鑑賞者の存在によって、升目画で描かれた世界と、ピクセルアートにインスパイアされて升目ごとに抽象化して描かれた世界とが、入り混じる。

升目ごとに彩色した特異な表現は、1つの升目ごとに何種類かの色彩を使って四角の中に四角を描いており、印象主義や点描主義よりも以前から、視覚混合の光学現象を知っていて、表現しているかのように思える。仮想の3次元空間上に各オブジェクトを立体的に配置しており、それを、我々が考える日本の伝統的な空間認識の論理構造で平面化している。そして、視覚混合の光学現象を利用するために、3次元空間上のオブジェクトの色を、平面の升目ごとに、升目の中の何重にも描かれた模様によって、分割して彩色している。例えば、オブジェクト上で紫色のものは、升目上で、赤と青に分割して彩色している。

遠くで全体を見た時の、視覚混合による鮮やかに輝く色彩は、遅い時間軸で動いていく世界。

近くで凝視した時の、画面上の升目が動かない中でオブジェクトが動き、升目ごとに細かく描かれた模様によって分割された色彩は、速い時間軸で変化していく世界。

繊細な線で描かれた世界と、升目ごとに抽象化されて描かれた世界、そして、鑑賞者自身の存在。

そういうものを、FHD(フルハイビジョン)の8倍の解像度による圧倒的情報量のインタラクティブな作品として、表現した。

チームラボ, 2013, インタラクティブデジタルワーク, ∞ (9:16 x 8), 音楽: 高橋英明

pic pic
Art Basel - Hong Kong(アート・バーゼル香港)での展示風景

[概略]
展覧会名:88ソウルオリンピック開催25周年記念 力, 美はどこにあるのか?
開催期間:2013年7月12日(金)~9月22日(日)
開館時間: 火曜日~日曜日10 a.m. - 6 p.m.
休館日 : 月曜日(元旦、旧正月、秋夕)
場所:SOMA美術館
住所: ソウル市松坡区方荑1洞88-2
電話:+82-2-425-1077
http://www.somamuseum.org/

参加アーティスト:
【韓国】 ナムジュン・パイク(Nam-June Paik)、鄭鉉(Chung Hyun)、高明根(Goh Myung Geun)、金信日(Kim Shin Il)、崔台勳(Choi Tae Hoon)、徐道豪(Suh Do Ho)、姜愛蘭(Kang Ai Ran)
【日本】
大巻伸嗣、Antenna、teamLab
【中国】
蔡国强(Cai Guo Qiang)、王中(Wang Zhong)、吳爲山(Wu Wei Shan)
【台湾】
劉栢村(Liu Po Chun)

■SOMA美術館とは
1988年のソウルオリンピックを記念して作られた、オリンピック公園の中にある美術館。延べ面積3305.8㎡(1,000坪)で2階建ての美術館には5つの展示室と、ビデオアートホールがある。
建物以外に公園内に点々と置かれている204点の彫刻作品と、8点の造形物も美術館所有の作品。これらは、1988年のソウルオリンピック記念で開催された世界現代美術祭・国際野外彫刻シンポジウムで造られたものと、オリンピック参加国のアーティスト達からの寄贈品。
http://www.somamuseum.org/

関連ニュース

///////////////////////////////////////////////////

The "88 Seoul Olympics 25th Anniversary "Power, Where Does the Beauty Lie?" exhibition will be held at all exhibition spaces in the SOMA Museum of Art (South Korea).
teamLab will be displaying "United, Fragmented, Repeated and Impermanent World".

pic

The "88 Seoul Olympics 25th Anniversary "Power, Where Does the Beauty Lie?" exhibition will be held at all exhibition spaces in the SOMA Museum of Art (South Korea). The exhibition features 14 artists/teams from four countries: Taiwan, and three former hosts of the Summer Olympics, Japan (1964), Korea (1988), and China (2008). teamLab will be displaying "United, Fragmented, Repeated and Impermanent World". 7/12 (Fri) - 9/22 (Sun)

Movie:http://www.youtube.com/watch?v=GO-qoW9ZgFU
Case:http://www.team-lab.net/en/latest/exhibitionlist/soma.html
Artwork:http://www.team-lab.net/en/all/pickup/ufri.html

▼ART WORK
United, Fragmented, Repeated and Impermanent World



This art work is an interactive work where the viewer becomes a part of the work.

Ito Jakuchu (1716-1800), was an early modern Japanese artist active in Kyoto during the Edo Period. Jakuchu has left us with a unique style of painting where the surface is made up of a grid of tens of thousands of squares or "tiles" that are individually coloured. These screen paintings have the motifs of "Birds, Animals, and Flowering Plants", and "Trees, Flowers, Birds and Animals". The paintings appear like a digitally constructed image that reminds us of the method of expression of pixel art. The squares paintings were possibly inspired by the designs for Nishijin (luxury woven traditional fabrics produced in Kyoto), or perhaps they were created to be made into a fabric. Pixel art was also born from functional reasons, and as a method of expression it is still enjoyed today. Perhaps this is why Jakuchu's grid painting conveys an instinctive digital feeling.
Today the internet has become a central media, contents and the connections between people have begun to change. The relationship between the maker and the viewer or person experiencing the art are becoming ambiguous. People are less viewers of contents, but directly connected to the contents, they can add information, they can edit it, they can change it and recreate it. People are more able to participate and are becoming one with the contents.

The viewer of this art work becomes a part of a world expressed as squares, as well as the abstract squares world that was inspired by pixel art work.

The grid method of painting presents us with a unique form of colour expression. Squares are painted within squares and in one grid there is a range of colours and tones. At a time before the Impressionist and Pointillist movements, it appears that Jakuchu had an awareness of colour mixing and colour theory. This work is an imaginary 3D world in which 3D objects are placed and then 'flattened' in line with our theory of Japanese traditional spacial recognition. Additionally the work uses optical colour mixing phenomenon, whereby the colours of the objects in 3D space, are combined with the colours of the two dimensional squares, colours are created from their light constituents, and so for example a purple square is made of red and blue colours.

Seen from a distance the combinations of colours of the entire art work appear to shine brilliantly. The axis of the world appears to move slowly. If you look closely at the work however, you see that the squares are not moving, the objects are moving and the detailed patterns that are created give the impression of a world that is moving quickly.
The world of the art work is created by a combination of detailed lines, with abstract squares, and the participation of the viewer.
This interactive work uses a pixel resolution that is 8 times that of Full High Definition to expresses an overwhelming amount of visual information.

teamLab, 2013, Interactive Digital Work, ∞ (9:16 x 8), Sound: Hideaki Takahashi

pic pic
Case of "Art Basel - Hong Kong"

■Overview
88 Seoul Olympics 25th Anniversary "Power, Where Does the Beauty Lie?"
Period:2013/7/12(Fri)~9/22(Sun)
Hours: Tuesday ~ Sunday 10 a.m. - 6 p.m. (Last Entry at 5 p.m.)
Holidays and closings : Every Mondays, New Year's Day, Chinese New Year's Day, Chuseok (Korean Thanksgiving Day)
Place:Seoul Olympic Museum of Art
Adress: 88-2, Bangi-dong, Songpa-gu, Seoul
Tel:+82-2-425-1077

http://www.somamuseum.org/

Artists:
【South Korea】
Nam-June Paik、Chung Hyun、Goh Myung Geun、Kim Shin Il、Choi Tae Hoon、Suh Do Ho、Kang Ai Ran
【Japan】
Shinji Ohmaki、Antenna、teamLab
【China】
Cai Guo Qiang、Wang Zhong、Wu Wei Shan
【Taiwan】
Liu Po Chun

■Seoul Olympic Museum of Art
Seoul Olympic Museum of Art, along with its 95,940㎡ size of Sculpture Park filled with the world's sculpture art and landscape, is a resting place for public created to celebrate the fruits of Seoul Olympic. People can enjoy the minimal look of modern museum and appreciate the beautiful art of sculptures and sceneries while strolling on the clay out in the sculpture park. The creative spirits of artists breathing through their artwork, little squirrels running across right in front of you and the chestnut burrs fallen under the trees will give you delightful joys of being in a different world away from the everyday life. Here, you can find a pleasant culture space and a museum with art and nature where you can relax, meditate and freshen up your days.
http://www.somamuseum.org/

CONTACT

制作のご依頼・ご相談・お見積もり

お問い合わせ

RECRUIT

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について