News Detail

Event, News

チームラボ、「宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ」(森美術館)にて、新作「追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして衝突して咲いていく – Light in Space」を展示。2016/7/30〜2017/1/9

チームラボが、森美術館(東京・六本木)で開催される「宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ」にて、床と四面の壁で構成された空間による、インタラクティブデジタルインスタレーション作品の新作「追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして衝突して咲いていく - Light in Space」を展示します。
期間は2016年7月30日(土)~2017年1月9日(月・祝)まで。

宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ: www.mori.art.museum
詳細: https://www.team-lab.net/jp/exhibitions/theuniverandart

■展示作品
追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして衝突して咲いていく - Light in Space / Crows are Chased and the Chasing Crows are Destined to be Chased as well,
Blossoming on Collision - Light in Space
teamLab, 2016, Interactive Digital Installation, 4min 20sec , Sound: Hideaki Takahashi
1600_Crows are chased and the chasing crows are destined to be chased as well, Division in Perspective – Light in Dark_main
作品: https://www.team-lab.net/jp/works/crows_blossoming_on_collision/

四方と下方が全て映像に囲われた空間を、人々は自由に歩き回りながら鑑賞するインタラクティブデジタルインスタレーション作品。

光で描かれた八咫烏が空間を飛び回り、その軌跡が光跡となり光の空間に描く書『空書』を描いている。カラスが互いに追い追われる。追うカラスもやがて追われる側になり、追いつかれカラス同士ぶつかると、カラスは散って花となっていく。
また、カラスは鑑賞者を把握し、よけながら飛んで行くが、よけきれずに鑑賞者にぶつかると、同じように散って花となる。

作品はコンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けている。あらかじめ記録された映像を再生しているわけではない。全体として以前の状態が複製されることはなく、鑑賞者の影響を受けながら、変容していく。

【開催概要】
宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ
会期: 2016年7月30日(土)~2017年1月9日(月・祝)
会場: 森美術館(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 53F
時間: 10:00〜22:00(火曜は17:00まで)※いずれも入館は閉館の30分前まで
休館日: 会期中無休
料金: 一般: 1600円、高校生・大学生: 1110円、中学生〜4歳: 600円 ※表示料金に消費税込
詳細: https://www.team-lab.net/jp/exhibitions/theuniverandart

■森美術館
www.mori.art.museum

CONTACT

制作のご依頼・ご相談・お見積もり

お問い合わせ

RECRUIT

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について