News Detail

News

『Tokyo Design Premio-DESIGNER’S WEEK in MILANO』に3次元水墨動画作品を展示いたします

チームラボは、「ミラノ・サローネ(Milano Salone)2007」で行われるデザインイベント『Tokyo Design Premio-DESIGNER'S WEEK in MILANO』にて、3次元水墨動画「花紅」を展示いたします。 3次元水墨動画「花紅」について>> TEAMLAB.NETはこちら>> ■Tokyo Design Premio-DESIGNER'S WEEK in MILANO 会期:2007年4月18日(水)~23日(月)10:00~22:00 開催地:イタリア・ミラノ市 会場:SUPER STUDIO   (Superstudiopiu ARTPOINT Via Tortona 27, Milan)

Tokyo Design Premio Tokyo Designer’s Week in Milano 2007 公式サイトはこちら>> ■Design Association(DA)とは ジャンルを超えて企業、デザイナー、学生、そして生活者をつなぐ新たなデザインネットーワークを広げる活動をしているNPO法人デザインアソシエーション。生活の中にある 身近なデザインに触れられるデザインイベント「デザイナーズウィーク」を東京、大阪、京都、名古屋、札幌などで開催しています。また、国内だけではなく、05年はミラノ・サローネ、06年はイギリス100%Designでデザイナーズウィークを開催しております。 ■ミラノ・サローネ企画 Tokyo Design Premioは、DAが国内の優秀なデザイン関係企業、デザイナーとデザイン 輸出に取り組む際の活動名です。この度のミラノ・サローネ企画では、テーマを「CONTEMPORARY TOKYO LIFESTYLEDESIGN」とし、日本のコンテンポラリーなイメージの代名詞として「東京」をシンボルにかかげ、インテリア、プロダクト、ファッション、フードなど様々なジャンルの質の高いデザインを集積し、エネルギーに溢れた 東京の躍動感を会場全体で表現するエキシビションです。 ■会場 会場は、市街イベント会場として注目度が高いトルトーナ地区の中でも、最も出展者の質が高いSUPERSTUDIO。 1000㎡のスペースを使い単独で展開いたします。http://www.superstudiogroup.com/piu.php サローネ期間中、SUPERSTUDIOには世界のクリエイティブメディア2万社が訪れるといわれています。世界が注目するこの会場は、単独ではキープするのは難しく、DAのミラノでのネットワークによって確保できました。 ■空間デザイン 展示に関しては、単なる商品展示ではなく、デザイナーのメッセージ、開発コンセプトなどをモニターで紹介。それぞれの出展者による積極的なプレゼンテーションの手段の一つとして製品が展示されます。会場のレイアウトプランは、天井からのスポットライトでブースをゾーニングし、出展製品の世界観を干渉しないデザインです。 また、「CONTEMPORARY TOKYO LIFESTYLEDESIGN」というテーマに基づいた物語性のある会場デザインとなっています。 ミラノ・サローネについて ■開催地:イタリア・ミラノ ■期 間:2007年4月18日~23日 ■会 場:①国際家具見本市会場      ②フゥオリ・サローネ 市街各所 ギャラリー、ショールーム、スーパースタジオ ■出展社:①約2,200社(2006年実績)      ②市街2,000社1,000ヶ所あまり        例)カッシーナ、アルフレックス、ビニーファリーナ、ピニンファリーナ、トヨタ「レクサス」、ナショナル、ヤマハ、ソニー、アルマーニ など ■入場者:①約22万人(2006年実績)      ②約40万人(市街延べ人数相当) ■ミラノ・サローネ ミラノ・サローネは、会場フィ工ラで行われる国際家具見本市と、同時期にミラノの街中で開催される多くのデザイン関連のイベントの通称です。 (ミラノ・デザインウィークとも呼ばれています。) 基本となる国際家具見本市は、1961年から開始され現在に至るまで世界を代表する大規模な見本市です。フィ工ラ会場では、家具、インテリア小物、照明機器、キッチン、オフィス、バス・トイレタリー、若手デザイナー展示会場のサテリテ、とその取り扱い領域が年々拡大し、2006年の会場の移転・新設と共に来場者数は22万人にも上ります。このフィ工ラ会場では、国際市場を見込んだデザイン感度の高い世界中のメーカーの新製品を一同に見ることができます。 ■注目すべき、フゥオリ・サローネ ミラノ・サローネは、フィ工ラの大会場で開催される展示会と共に、フゥオリ・サローネと呼ばれる街中の1000箇所にもおよぶ数多くの大小イベントが同時開催され、他の見本市にない大きな特徴となっています。(サローネ会場の外にあることから、「フゥオリ・サローネ」(Fuori=イタリア語で外の意味)と呼ぶ) 会場となるエリアは、トリエンナーレ地区、トルトーナ地区、ドュオモ周辺などに集中しつつも、ミラノの街のすべてが、このイベントに参加している有様です。 フィ工ラ会場では見られない家具インテリア・小物そして様々な新商品の発表や様々な文化的イベント、デザイナーやアーティストにより個展等が行われています。 特にトルトーナ地区は、過去には工場地だったところが今は開発も進み、アルマーニやバグッタ、トッズ、アレグリなど、一流のアパレルメーカーの本社やギャラリー、クリエイティブ事務所が並ぶ地区で、サローネ期間に最も注目すべきエリアとなっており近年出展数も増大し続けています。今や、ミラノ・サローネは、単なる家具インテリアの国際展示会ではなく「デザインや新作の発信の場」として認知され、ファッションメーカー、車輌メーカー、家電メーカー等も参加し、企業のブランドやプロダクトアイデンティティ、新商品をアピールする重要な機会として、世界のバイヤー、ジャーナリストから注目を浴びています。

CONTACT

制作のご依頼・ご相談・お見積もり

お問い合わせ

RECRUIT

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について