News Detail

News

日本人初!teamLabBodyが Unity Awards 2013のBest VizSim Projectを受賞

3D人体解剖アプリ「teamLabBody」がUnity Awards 2013のBest VizSim Projectを受賞しました。日本人として、初の受賞となります。

■受賞内容
最優秀ビジュアルシミュレーション部門(Best VizSim Project)
Unity を使ってありとあらゆるプロジェクトが行われています。現実世界を対象とする、ビジュアライゼーションおよびシミュレーション向けアプリケーションのプロジェクトの中からファイナリストが選出され、その中から最も優れたプロジェクトに「Best VizSim Project」が送られます。

teamLabBody とは

「teamLabBody」は、世界で初めて、生きた人間の骨格の動き・人体の形態を忠実に再現した3D人体解剖アプリです。大阪大学運動器バイオマテリアル学教授の菅本一臣教授が、生きた人間の関節の動きは、従来の医学教科書に記載されている献体の動きとは異なることを発見し、10年以上かけて全ての関節の形態や動きを解析し、取得したモデルを元に、チームラボが共同開発を進めてきました。

人体解剖学におけるデジタル教科書(医療電子教科書)としての利用をはじめ、接骨院やエステ、ヨガ、トレーニングといったヘルスケア関連や、デッサンやスケッチ、同人誌やマンガ、アニメーションの資料など芸術関連の領域でも活用できます。
 

First Japanese Company to be awarded a Best of VizSim Project Unity Awards 2013!

■About Best VizSim Project 

Unity projects come in all shapes and sizes; this year we’re looking for projects that have some real world grounded applications for visualization and simulation.

■about teamLabBody

World’s First to Analyze and Reproduce the 3D Movement of Living Human Joints.

The research started from 1998 after discovering that the movement of living human joints differs from what is mentioned in medical references.

Data has been taken for more than 10 years from CT and MRI images of living human to observe the arrangement and movement of every single joint and to analyze them with computer programs.

The arrangement and movement of the human skeleton can be observed from any angle and magnification.

CONTACT

制作のご依頼・ご相談・お見積もり

お問い合わせ

RECRUIT

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について