News Detail

Media

フリーペーパー 「Whooops! 」にてチームラボの紹介。

多摩美術大学芸術学科フィールドワーク設計ゼミ発行のフリーペーパー「Whooops! 」にチームラボが紹介されました

芸術作品は一人で作るほうが本当にいい物ができるのか?

この夏、東京・木場公園の東京都現代美術館を訪れた人は、巨大なアトリウムで行っていた全長19mのプロジェクションマッピングの作品に出合ったことを覚えているだろう。『ミッション【宇宙×芸術】- コスモロジーを超えて』展(6月7日〜8月31日)で披露されたその作品のタイトルは『憑依する滝、人工衛星の重力』。日本のスティーヴ・ジョブズとも呼ばれる猪子寿之氏が率いる「チームラボ」の作品だ。
迫力ある滝の映像をプロジェクションマッピングの技法で映し出す。高さは実に19m。ただし、光の線で表現された水が、滝つぼではなく実物大の人工衛星の模型の上に降り注いでいた。どういうことなのだろうか。
(本文より抜粋)

Whooops!
2014年11月1日(土)

CONTACT

制作のご依頼・ご相談・お見積もり

お問い合わせ

RECRUIT

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について