News Detail

Media

「WIRED」内、MEDIA AMBITION TOKYOの特集に、チームラボ猪子のコメントとトークショー動画

「花と屍 剝落 十二幅対」という作品で、日本の先人達がどのように世界を捉えて、空間を認識していたか、『超主観空間』がコンセプトのアニメーション作品です。この作品は、2008年にパリのルーヴル美術館でやらせてもらった作品がベースになっています。(中略)本当にこの作品に込めたコンセプトを伝えたかったら、もうちょっとシンプルなやり方があるんじゃないかなと思ってつくり直しました。」(本文より抜粋)

WIRED
2013年2月15日(金)

CONTACT

制作のご依頼・ご相談・お見積もり

お問い合わせ

RECRUIT

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について