News Detail

News

4月7日(日)から6月16日(日)の間、高崎市美術館で開催される「ジパング展」にて、「生命は生命の力で生きている」を展示

日本の現代アートの魅力を紹介する「ジパング展」にて、チームラボ「生命は生命の力で生きている」を展示します。

▼ 出品作品

≪生命は生命の力で生きている≫

Life survives by the power of life 生命は生命の力で生きている teamLab


チームラボ, 2011, アニメーション, 6min 23sec (9:16), 書: 紫舟

自然の恵みも脅威も、そして文明の恵みも脅威も、連続的で、つながっている。どこかに絶対的な悪意があるわけでもなければ、かといって綺麗ごとで もすまされない。もはや、わかりやすい解などないし、感情すら整理できないかもしれない。それでも、あらゆる状況においても、生きる、それを全部 肯定したい。生命はうつくしい。

空間に書く書、『空書』。書の墨跡が持つ、深さや速さ、力の強さのようなものを、新たな解釈で空間に立体的に再構築しています。

「むかしの日本の人々は、今とは違った風に世界を捉え、今とは違った風に世界が見えていたのではないか?そこには、西洋のパースペクティブとは違う空間認識の論理が培われていたのではないか?」、『超主観空間』というコンセプトの基、3次元空間上に立体的に構築された世界を、チームラボが考える日本の空間認識によって映像化した作品。

■ 開催概要
イベント名:ジパング展
開催時間: 2013年4月7日(日)-6月16日(日)
※休館日: 月曜休館(4月29日と5月6日は開館し、5月7日は休館)
会場: 高崎市美術館(〒370-0849 群馬県高崎市八島町110-27)
開館時間: 10:00~18:00(金曜日は20:00まで)
入場:一般500円、大・高校生300円、65歳以上と中学生以下は無料

■ ジパング展とは
ジパング展は、「日本の現代美術の魅力を世界に向けて発信する。日本人自身にもその魅力を再認識して欲しい」というメッセージを込めて企画されました。東日本大震災は私たち日本人の自信と誇りを大きく揺るがし、破壊しましたが、それでも今、変わることなく日本が世界に誇るべきものの中には、独自の文化力があります。その一翼を担う現代美術は光り輝いています。

CONTACT

制作のご依頼・ご相談・お見積もり

お問い合わせ

RECRUIT

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について