UI/UX設計

お客様の依頼を元にした分析やリサーチ、そして最適なテクノロジーの導入を通して、お客様とエンドユーザーの両方にとって価値あるエクスペリエンスを生み出すデザインを設計・実装します。UI/UXという点では、ユーザーに新しいリテラシーを共有することなく、ごく自然に行う行為をトリガーとして、豊かな体験を提供することが重要だと考えています。この「New Value in Behavior」というコンセプトを元に、デジタルテクノロジー、デザインとマーケティングの境界を曖昧にしながら、質の高いUI/UXを追求します。

Solution

12 results

Product Case

12 results

News

13 results

MEDIA

ウェブサイト『ICT教育ニュース』にて、チームラボが開発を担当した「学研ゼミ」の紹介。

ト「学研ゼミ」のプラットフォーム開発、各サービスLP、マイページ、「学研ジュニア新聞 話したくなるニュース Powered by 朝日学生新聞 × 学研」、「学研チャンネル」などのサービスのデザイン、UI/UX設計、開発を担当したことを発表した。 (本文抜粋)web版で全文を読む>>ICT教育ニュース2016年11月4日(金) 続きを読む

NEWS

「学研ゼミ」の“まなび”の冒険世界を、学研×チームラボで共同開発。 プラットフォーム及び各サービスのデザイン、UI/UX設計、開発を担当。

学研ジュニア新聞 話したくなるニュース Powered by 朝日学生新聞 × 学研」や、“生きる力”や“考える力”を育む、学研厳選の安心動画が定額見放題の「学研チャンネル」などのサービスのデザイン、UI/UX設計、開発を担当しました。また、デジタル学習教材「ワンダードリル」にて、学研×チームラボで“まなび”の冒険世界を共同開発しました。追加機能の、シナリオ、キャラクター制作デザイン、UI/UX設計、開発などをチームラボで担当し… 続きを読む

NEWS

博報堂生活総研の統計サイト「生活定点」2016年版をチームラボが制作。 性別や年代・地域別に、回答差の大きい項目を「まとめ見」できる新機能を追加。

博報堂生活総研による統計データ「生活定点」ウェブサイトの2016年版をチームラボが制作しました。性別や年代・地域別に、回答差の大きい項目を「まとめ見」できる新機能を追加。2014年版から引き続き、回答同士の相関度が高い項目がわかる「似てるかもグラフ」、グラフの形からデータを探す「逆引き」、グラフの推移を「自動で解説」するテキストも2016年版にアップデートしました。膨大な統計データを、身近なものとして楽しめ… 続きを読む

View More