Digital Floor Guide / デジタルフロアガイド

お問い合わせ

  • ショップ

Digital Floor Guide / デジタルフロアガイド

多言語対応!写真で直感的に商品・店舗を探せる、店舗に行きたくなるタッチパネルサイネージフロアガイド
Digital Floor Guide(デジタルフロアガイド)とは、ソフトウエアエンジン「Digital Information Wall」を利用した、タッチパネルサイネージ型デジタルフロアガイドです。
フロアガイド機能として、店舗・ブランド情報から店舗の場所を探すことができるのはもちろん、商品から店舗へと行き着く動線を設けています。
多言語対応なので、外国人客(インバウンド)向け対応にも最適で、さらに、写真を中心とした案内になっているため、言語に頼らず非言語に、直感的に操作することができます。
またユーザの操作に反応して画面全体がインタラクティブに反応するため、パブリックアートとして空間全体を華やかなものにします。
大型、小型どちらのタッチパネルにも対応した、新たなインタラクティブ・フロアガイドです。



movie titlePLAY MOVIE

機能

多言語対応+非言語に探すことのできる「フロアガイド」
商業施設の入口や、エスカレータ、エレベータ横等の動線の接点で、顧客の動線補助をする「フロアガイド」です。
フロア、ショップ名、カテゴリーで店舗の一覧を並び替えていき、気に入った店舗の行き方を含めた詳細情報が、お店の最新情報と共に表示されます。
また、多言語対応をしているため、外国人客(インバウンド)の増加にも応えることができます。
そして、写真を中心とした直感的に操作のできるフロアガイドに設計されているため、写真を見るだけで、言語に頼ること無く、行きたい店舗を探すことができます。
今後、どの言語に対応する必要が出てきても、翻訳することを心配すること無く、写真をたくさん登録することで、世界中の人々に案内が可能になるフロアガイドです。
「欲しい」が見つかる、店舗へ行きたくなる
空間いっぱいに広がった商品画像から、自分の興味のあるものを見つけることができます。 好きな写真をタッチすると写真が拡大され、より深い商品情報を得られます。
そこから、関連商品のスライドショーが始まり、次々に、新しい商品を見ていくことができます。実際に見たい商品を見つけると、どの店舗で売っているかを見ることができ、そのまま、その店舗へ行くことができます。
人々の目を惹き、新しい商品との出会いや店舗への誘導を生み出すフロアガイドです。
サクサク動く、写真で視覚的に探せる、直感的な操作性
店舗名のみが記載されたフロアマップでは、どんなものが売られているのか、どんなメニューがあるのかがわかりません。
Digital Floor Guide(デジタルフロアガイド)では、フロアマップにも、商品写真が登場します。商品写真を見ることで、どんな商品があるのか、どんなメニューが食べられるのかが一目でわかり、行きたいお店を探しやすくなります。スマホ操作のように動きも軽く、サクサク動くため、つい触りたくなります。
スマホからも更新可能な専用管理画面
情報の管理はスマホからでも簡単にできるように専用管理画面を用意しており、店舗スタッフがリアルタイムに情報更新をすることが可能です。フロアガイドを見た人が、新着商品や、セール・フェア情報を知ることで、店舗へと足を運んでくれるようになります。
店舗スタッフがリアルタイムに、お客様に向けて仕掛けのできるフロアガイドになっています。
エスカレーター横でも便利な案内を
Digital Floor Guide(デジタルフロアガイド)は、縦置きだけではなく、横置きにも対応しています。 エスカレータ横や横置きしたい場所で、該当フロア情報を表示して、案内することができます。
また、タッチ操作ができない通常のサイネージにも対応しています。 「ビューアモード」により、非タッチパネル(通常サイネージ)でも使用可能です。
【オプション機能】
通路・店舗サイネージでオススメ商品をレコメンド
Digital Floor Guide(デジタルフロアガイド)は1つのデータから、様々な使用方法、様々な画面への出力と、ワンソース・マルチユースが可能なつくりになっています。
エントランスに複数枚のサイネージを置く使い方だけでなく、 通路サイネージにフロアのおすすめ商品を表示したり、店舗サイネージに店舗のおすすめ商品を表示させたりと、1枚のサイネージでもユーザへのレコメンドが可能です。

効果

誰にでもわかりやすいフロアガイドを
多言語対応していることで外国人客(インバウンド)の「わからない」モヤモヤを解消することができます。
また、写真を中心とした案内で直感的に、簡単に操作することができるので、どんな人にとっても探しやすくわかりやすいフロアガイドとなります。
リアルタイム更新で「行ってみたい!」を引き出す
紙のパンフレットや物理サインでは、更新のたびにコストや時間がかかっていました。 Digital Floor Guide(デジタルフロアガイド)では、リアルタイムに更新情報の反映が可能で、必要な情報を必要な時に届けることができます。
そして、新着商品や人気商品をリアルタイムに更新することで、ユーザーの「欲しい」や「店舗に行きたい」という気持ちを引き出します。
商品の魅力と新たな発見をユーザーへ
ユーザが知りたいのはお店そのものの情報よりも、どんな商品があるのかということです。
Digital Floor Guide(デジタルフロアガイド)を導入すると、画面に流れる膨大な写真から、ユーザーは直感的に好きな商品を見つけることができます。写真を中心とした店舗情報案内によって、新しい商品、また新しい店舗への出会いをユーザーにもたらします。
人の目を止め、人を動かす
空間いっぱいに広がった画像や、インタラクティブに反応する映像はパブリックアートとして人の目を惹き付けます。 そして、新しい発見が生まれる、豊かな店舗体験を可能にします。

価格

ご依頼内容、新規機能追加開発など、場合によって価格が異なります。
他プロダクトと一緒に依頼していただくことも可能です。
企画も承りますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

お問い合わせ

制作のご依頼・ご相談・お見積もりはお問い合わせください

お問い合わせ

採用

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について