• アプリ
  • ブランディング
  • Web
  • 空間演出

舞洲エヴェッサパーク チームラボ4Dステージ

  • アプリ
  • ブランディング
  • Web
  • 空間演出

舞洲エヴェッサパーク チームラボ4Dステージ

プロバスケットボールチーム大阪エヴェッサ B.LEAGUE2016-17SEASON開幕戦にて、デジタルとの融合による新しいバスケのショー体験を提供する「舞洲エヴェッサパーク チームラボ4Dステージ」を発表。
B.LEAGUE元年を迎えるにあたり、舞洲を「バスケの聖地」及び「プロバスケットボールチーム大阪エヴェッサのホームタウン」とする舞洲エヴェッサパークプロジェクトを推進し、B.LEAGUEのミッションであります「夢のアリーナ」「エンターテイメント性の追求」を具現化すべく、大阪EVESSAとチームラボのコラボレーションを実現しました。チームラボの提供するデジタルコンテンツ自体がステージとなり、バスケの観戦体験の拡張と共に、鑑賞者の参加による、より動的なステージになっています。バスケの試合を見るだけではなく、チームを今まで以上に盛り上げる演出です。

movie titlePLAY MOVIE
大阪エヴェッサ×チームラボ
圧倒的体感!舞洲エヴェッサパークチームラボ4Dステージ
4Dステージは「光」「音」「人の参加」「時間軸」という考え方で、観客のアプリによる応援によって、その時々で見えるもの、見せられるものが変わっていく。参加することで3Dを超えた体験ができる場所という意味を込めて「4D」というネーミングにしました。
プロジェクタやムービングライトを常設した、デジタルによる演出に特化した空間で、スマホを振ることで、キャラクターのまいどくんが、デジタル化し、光ったり反応することで、会場と観客が一体になって、応援することができます。
アプリによる参加型試合観戦
スマホを使って応援することで、演出に参加することができます。観客の応援の仕方によって、演出は様々に変化し、観客と一体となった演出を行います。来場者はアプリを通じて演出に参加することができ、会場一体となって応援することでチームを今まで以上に盛り上げます。リアルタイムな接点(応援x交流)を作り、試合の体験価値を高めます。
日本初のLEDキャラクター「スーパーまいどくん」
まいどくんストーリー:まいどくんは、商売繁盛の神様「えべっさん(戎様)」に憧れて、『バスケットボールの神様』になりたいという大きな夢を胸に大阪エヴェッサで修行中。観客のアプリ応援からどんどんエネルギーをもらって、大阪に福を呼ぶ「ラッキーボーイ」スーパーまいどくんに変身する。エネルギーが最高レベルに達した時に、(バスケの神様がおりてきて)とてつもないパワーを発揮します。
試合後には「チームラボボール」が登場
チームラボボールは、会場にいる人の行為によって色や光や音を変えることができる、インタラクティブインターフェイスです。球体に手を触れると、光の色が変わったり、音色が鳴り響きます。浮遊している球体をトスすることで、その場にいる人なら誰でも、空間演出に参加できます。
アリーナ2Fには、「チームラボカメラ」
チームラボカメラは、SNS連動型自撮りサイネージカメラです。何もタッチすることなく、手をかざすだけで写真撮影をすることができます。通常のカメラでは撮影できないような様々なエフェクトやグラフィックをリアルタイムに合成し、撮った画像をFacebookに自動アップロードします。
EVESSA PARK APP
大阪エヴェッサの応援に参加でき、チームの情報やお得なクーポンがもらえるアプリです。ホームアリーナ:府民共済SUPERアリーナでチェックインや買い物、イベントへの参加をすることでスタンプを貯めることができ、貯めたスタンプ数に応じてお得なクーポンが利用できます。
期間
Sep 24, 2016 -
導入店舗名
舞洲エヴェッサパーク
導入場所
府民共済SUPERアリーナ, 大阪, 日本
時間

試合の状況によって、開始時間に変動あり

クライアント
大阪エヴェッサ
URL
http://hp.athuman.com/arena/evessa_park/
  • Apple Store
  • Google Play

OTHER CASE

お問い合わせ

制作のご依頼・ご相談・お見積もりはお問い合わせください

お問い合わせ

採用

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について