• 空間演出

FIGHT LEAGUE

  • 空間演出

FIGHT LEAGUE

チームラボが、株式会社ミクシィのXFLAG™(エックスフラッグスタジオ)の新作スマホゲームアプリ「ファイトリーグ™」の開幕宣言イベントにて、ゲームコンセプト紹介など、各イベントシーンを空間全体を使用し、映像演出をしました。
メインテーマの演奏シーンでは、吉田兄弟の三味線演奏に合わせ、チームラボのデジタルアート作品である空書が空間に描かれます。イベントのメインであるデモプレイシーンでは、スマホのゲーム画面を拡張し、空間全体で演出することにより、プレイヤーがゲームの世界に入り込んでプレイしているかのような体験を提供しました。



ファイトリーグコミッショナー 楠井大地氏コメント
ファイトリーグはこれまでにない、2対2で対戦するタッグバトルエンターテインメントです。
単なるゲームで終わるのではなく、友人とタッグを組み、数々の対戦を通して、パートナーと一緒にアプリの中だけでは完結しない「深い友情やコミュニケーション」でリアルに盛り上がる体験が最大の魅力です。また、スポーツなど各種エンターテインメントのように、プレイヤーも観戦者も皆が熱狂できる「全世界的な競技」としての普及の実現を目指しています。
そのような私たちの想いをユーザーや世の中の人々に直感的に感じてもらうためには、チームラボのデジタルと現実世界がクロスオーバーする演出が最適、いや、必要不可欠だと考えました。
チームラボと最高のタッグを組んで、ファイトリーグを世に送り出せることが大変嬉しいです。

ゲーム詳細
ゲーム名: ファイトリーグ
カテゴリ: タッグバトルエンターテインメント
※"ファイトリーグ"、"Fight League" は、株式会社ミクシィの商標または登録商標です。
クライアント
XFLAG
URL
https://fight-league.com/
  • Apple Store
  • Google Play

お問い合わせ

制作のご依頼・ご相談・お見積もりはお問い合わせください

お問い合わせ

採用

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について