• 空間演出

FLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ)

  • 空間演出

FLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ)

中部国際空港セントレアが10月12日(金)に開業する複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ)」にて、航空をテーマにした体験型コンテンツを常設展示。ボーイング787実機が展示されたダイナミックな空間で、身体で体感しながら航空業界への学びを深めるとともに、デジタルテクノロジーにより、他者と共に新しい体験を創り出します。

チームラボのコンテンツは、ボーイング787初号機の実機が展示された、飛行機について楽しみながら学ぶことができるエリア「FLIGHT PARK(フライトパーク)」で体感することができます。787実機と館内空間をダイナミックに使用した映像と音のショーはじめ、「航空機の製造」や「航空業界・航空機産業での仕事」等の流れを、デジタルテクノロジーで拡張し、インタラクティブな展示形式で表現することで、来場者は、見て、そして身体で感じながら学び、楽しむことができます。

人は体験を通して、自ら学びを構築していきます。チームラボは、来場者一人一人が、能動的に他者・もの・出来事と関わることを促す空間を創り、知的好奇心や興味のスイッチが刺激され続けるような体験を提供することで、自らの学びを構築していく過程を支援することを試みています。自由に体を動かし、体感しながら航空機産業や航空業界への学びを深めるとともに、デジタルテクノロジーにより、飛行機に新たな価値を付加し拡張することで、他者と共に新しい体験を創り出します。

movie titlePLAY MOVIE
フライ ウィズ 787 ドリームライナー
787実機と館内空間をダイナミックに使用した映像と音のショー。4階の観覧エリアから見ると、建物の壁と床の境界がなくなり、現実空間が消え、やがて作品世界に没入し、まるで飛行機と一緒に飛んでいるかのように感じます。
ボーイングファクトリー
世界最大規模の航空機組立工場であるボーイングのエバレット工場にいるかのような体験ができます。大型貨物輸送機ドリームリフターにより世界各地から輸送される部品がどのように組み立てられるのか、日々進化する製造工程を学びます。
奏でる!紙ヒコーキ場
紙ヒコーキを折って光のゲート空間に飛ばし、遊びながら飛ぶしくみへの好奇心を高めます。どうすれば紙ヒコーキが飛ぶのか、自ら手を動かし、何度も試し考えながら紙ヒコーキを折って飛ばします。紙ヒコーキが光に触れると空間全体の色が変わり、音が響きます。周りの体験者とともに紙ヒコーキを飛ばすことで、その時限りの光や音の空間を楽しむことができます。
お絵かきヒコーキ
紙に描いた飛行機をスキャンすると、その飛行機がドーム空間内の空中を立体的に飛び回ります。また、専用タブレットで自ら描いた飛行機を操縦することができ、楽しみながら飛行機への興味を育みます。
エアラインスタジオ
航空会社のお仕事を体験できます。架空の世界に入り込み、飛行機の中でお仕事を体験します。飛行機の中でお仕事の体験をしている写真や動画を撮影することもできます。
歩いて集める飛行機図鑑
飛行機はどのようにして飛ぶことができるのか?展示されているボーイング787型機のまわりを歩きながら、スマートフォンアプリを使って飛行機のパーツを探し、その役割を学ぶコンテンツです。パーツをすべて集めると、787図鑑を完成させることができます。
期間
常設
導入店舗名
中部国際空港セントレア FLIGHT OF DREAMS内
導入場所
愛知, 日本
クライアント
中部国際空港株式会社
URL
https://flightofdreams.jp/
開業日
2018年10月12日(金)

お問い合わせ

制作のご依頼・ご相談・お見積もりはお問い合わせください

お問い合わせ

採用

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について