MEDIA

2015.04.17

ウェブサイト『AdverTimes』に、ミラノ万博で展示の作品「HARMONY」「DIVERSITY」の紹介。

ウェブサイト『AdverTimes』にて、ミラノ万博で展示の作品「HARMONY」「DIVERSITY」が紹介されました。

トップクリエイターによるミラノ万博 日本館の展示、チームラボのアートインスタレーションが公開に
「地球に食料を、生命にエネルギーを」をテーマに、約140の国と国際機関の参加が予定されている「ミラノ国際博覧会」。開催が5月1日と約2週間後に迫ってきた。日本館は「Harmonius Diversity -共存する多様性-」をテーマに掲げ、自然を慈しみ、食に関わる様々な人々を思う感謝の気持ちを伝える展示を行う。
展示は5部構成となっており、それぞれ世界を舞台に活躍する日本のトップクリエイターが手掛ける。「プロローグ」を書家・アーティストの紫舟氏、「シーン1」「シーン2」をチームラボの猪子寿之氏、「シーン3」を京都造形芸術大学教授の竹村真一氏とロボットの清水亮司氏、「シーン4」をnendoの佐藤オオキ氏、「シーン5」をライゾマティクスの齋藤精一氏が担当し、総合プロデュースを電通 イベント&スペース・デザイン局 局長の内藤純氏が務める。

web版で全文を読む>>

AdverTimes
2015年4月17日(金)

お問い合わせ

制作のご依頼・ご相談・お見積もりはお問い合わせください

お問い合わせ

採用

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について