EVENT

2019.09.06

チームラボボーダレス、米TIME誌が選ぶ「世界で最も素晴らしい場所」に

PERMANENT DISPLAY

* 画像をクリックするとチームラボボーダレスのハイライト動画がご覧いただけます。

アート集団チームラボの東京・お台場のミュージアム「森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」(以下、チームラボボーダレス)が、米国の国際的なニュース雑誌、TIME誌の「World's Greatest Places 2019(世界で最も素晴らしい場所 2019年度版)」に選ばれました。


2018年から始まった本企画は、TIME誌が「今すぐ体験すべき世界100の新目的地」を選出したもの。これら100か所は、全世界のTIME誌の編集者、特派員、専門家たちから募った、美術館、テーマパーク、レストラン、ホテルなど複数のカテゴリーの候補地の中から、クオリティ・オリジナリティ・持続性・革新性・影響力をもとに選び抜かれました。

チームラボボーダレスは、境界なくつながる作品群による1つの世界を、さまよい、探索し、発見する《地図のないミュージアム》です。TIME誌は、チームラボボーダレスは「視覚的なプロジェクションと物理的なインスタレーションを組み合わせた、イマーシブ(没入的)な空間だ。来館者は風にそよぐ草原を彷徨い、無限のクリスタルワールドを探索し、宇宙間を飛び跳ねることができる」と伝えています。

2018年6月に開館した東京・お台場のチームラボボーダレスは、開館から1年で、世界160以上の国と地域から約230万人が来館しました。単独のアーティストの美術館としては、オランダ・アムステルダムのゴッホ美術館(216万1160人)を上回る、世界最大規模の年間来館者数(※1)です。

世界の最も優れた文化的施設に贈られる、第25回ティア・アワード「アウトスタンディング・アチーブメント賞」(2019年4月)も受賞したチームラボボーダレス。2019年秋には、中国の上海・黄浦濱江に、巧みに入り組んだ複雑で立体的な巨大ミュージアム「teamLab Borderless Shanghai」を開館、境界のない作品群を更に発展させ、チームラボボーダレスのコンセプトを拡張していきます。

TIME誌「World's Greatest Places 2019」には、チームラボボーダレスのほか、米カリフォルニア・ディズニーランドパーク内のテーマランド「ギャラクシー・エッジ」、ニューヨークのアートセンター「The Shed」などが名を連ねました。

公式URL: http://borderless.teamlab.art/jp
ハイライト動画: https://youtu.be/UYFWjUj4RPQ

----------------------
※1 ”THE ART NEWSPAPER SPECIAL REPORT Art’s Most Popular: Exhibition and museum visitor figures 2018” The Art Newspaper. Number 311, April 2019.

【概要】
森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス

#チームラボボーダレス #teamLabBorderless
場所:東京都江東区青海1-3-8(お台場パレットタウン 2階)
時間:平日 10:00 - 19:00、土日祝 10:00 - 21:00
休館日:第2・第4火曜日
料金:大人(15歳以上)3,200円、小人(4〜14歳)1,000円、障がい者割引 1,600円

お問い合わせ

制作のご依頼・ご相談・お見積もりはお問い合わせください

お問い合わせ

採用

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について