NEWS

2016.10.06

文化庁メディア芸術祭20周年企画展イベント「メディアアートの“ここまで”と“ここから”」に、チームラボ猪子。

文化庁メディア芸術祭20周年企画展イベント「メディアアートの“ここまで”と“ここから”」に、チームラボ猪子が出演します。

メディアアートの“ここまで”と“ここから”
文化庁メディア芸術祭が始まった1990年代後半は、メディアアートに大きな注目が集まり、世界中でメディアアート関連施設がオープンしはじめた時期にあたります。現在メディアアートの分野で活動するアーティストと、現代アートの状況をよく知る聞き手が、メディアアートに向けられていた期待やその状況が、その後20年間でどのように変化してきたか、今メディアアートには何ができて、何ができていないのか、そして今後の可能性について話し合います。この期間に発展をとげてきたメディアアートの軌跡を歴史化し、展示やアーカイブ化、これからの課題について共有します。

日時 10/22 (土) 15:00-16:30
会場 国立新美術館 [3階 講堂]
定員 150名
出演
藤幡 正樹(アーティスト/元デジタルアート(インタラクティブ、ノンインタラクティブ)部門審査委員)
小崎 哲哉(編集者/ウェブマガジン『REALTOKYO』『REALKYOTO』発行人兼編集長)
猪子 寿之(チームラボ代表)
事前申込はこちら>>

お問い合わせ

制作のご依頼・ご相談・お見積もりはお問い合わせください

お問い合わせ

採用

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について