NEWS

2017.06.29

「資生堂 presents チームラボ かみさまがすまう森のアート展」に、資生堂の協賛が決定。 資生堂の新スキンケアラインとコラボレーションしたWASO Tea Houseも出展。全14作品の展示

WASO Tea House -_R


チームラボが御船山楽園(佐賀・武雄)にて開催する「資生堂 presents チームラボ かみさまがすまう森のアート展」に、資生堂の協賛が決定しました。そして、SHISEIDOの新スキンケアラインWASO(ワソウ)とのコラボレーションによる「WASO Tea House - 小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花」を発表し、新作を含む全14作品を展示します。

「資生堂 presents チームラボ かみさまがすまう森のアート展」は、佐賀・武雄の、1845年開園、国登録記念物の名勝地、御船山楽園にて開催するアート展です。50万平米の大庭園内に「自然が自然のままアートになる」アートプロジェクトの新作8作品を含む全14作品を展示。大庭園が、人々の存在によって変化するデジタルアート空間になります。期間は、2017年7月14日(金)~10月29日(日)。

詳細: https://www.teamlab.art/jp/e/mifuneyama2017/
ダイジェスト動画: https://youtu.be/GdnDAP89LQY

■チームラボ 展覧会コンセプト

今から172年前、1845年(江戸後期)に50万平米にも及ぶ敷地に創られた御船山楽園。敷地の境界線上には、日本の巨木7位、樹齢3000年以上の武雄神社の神木である大楠があり、庭園の中心には樹齢300年の大楠がある。そのことからわかるように、御船山を中心とした素晴らしい森の一部を、森の木々を生かしながら造った庭園であることが想像できる。庭園と自然の森との境界線は極めて曖昧で、回遊していく中で森を通ったり、けもの道に出くわしたりする。森には、素晴らしい自然の巨石に囲まれた稲荷大明神がまつられ、洞窟には、名僧行基が約1300年前に岩壁に直接彫ったと伝えられる仏や五百羅漢がある。
そう、何百万年もの時間の中で形作られた森や巨石や洞窟、そしてそこに千年以上もの時間をかけて人々が意味を見出してきた上に御船山楽園はあるのだろう。そして、今なお続く自然と人との営みが、庭園と森の境界が曖昧な、この居心地の良く美しい文化的遺産を生んでいるのだ。
そして、庭園と森との境界の曖昧な場で道を失ってさまよった時に、長い自然と人との営みの、境界のない連続性の上に自分の存在があることを少し感じた。だからこの広大な庭園と森の中で迷い込んで行くような展覧会をやりたいと思ったのだ。

チームラボは、「Digitized Nature」というアートプロジェクトを行っている。非物質的であるジタルアートによって「自然が自然のままアートになる」というプロジェクトだ。

自分という存在は、何十億年という圧倒的な時間の長さの、永遠に繰り返されてきた生命の生と死の連続性の上にある。しかし、日常では、なかなかそれを知覚することが難しい。
森を探索していた時、圧倒的長い年月をかけて形作られた巨石や洞窟、そして森そのものの造形こそが、長い時間の生命の連続性を表す形そのものであると気が付いたのだ。今回は、それらを生かし、デジタルアートによって、その連続性の上に存在する巨大な生命の塊を創った。

 

MifuneyamaRakuen02_R

MifuneyamaRakuen01_R


■資生堂 協賛によせて

資生堂の社名は、中国の古典「易経」にある「至哉坤元(いたれるかなこんげん) 万物資生(ばんぶつとりてしょうず)」(大地の徳はなんと素晴らしいものであろうか。すべてのものはここから生まれる)という一節に由来しています。
「美しい生活文化の創造」という企業使命のもと、創業145年の現在に至るまで、資生堂は独自の美意識を築いてきました。
このたび、長きにわたり取り組んできた芸術文化支援活動の一環として、世界のデジタルアートシーンをリードするチームラボ主催の本アート展に協賛するはこびとなりました。
会場では14作品のひとつに、「WASO Tea House - 小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々」を展示します。
ブランドSHISEIDOの新スキンケアラインである「WASO」のコンセプトは“All things beautiful come from nature” (自然からくる美しさ)。チームラボの“自然が自然のままアートになる”というコンセプトと融合させたコラボレーション作品です。
WASO Tea Houseでは体験そのものが作品であり、五感でブランドの世界観を感じていただけます。


■展示作品
WASO Tea House - 小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花 / 
WASO Tea House - Flowers Bloom in an Infinite Universe inside a Teacup
teamLab, 2017, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi
WASO Tea House -_R
作品: https://www.teamlab.art/jp/w/wasoteahouse/


茶碗の中に茶を入れると、そこに花々が生まれ咲いていく。茶碗を手に取って動かすと、花は散り、花びらは茶碗の外へと広がっていく。茶碗の中に茶がある限り、花々は、また生まれ咲き続ける。

茶碗の中に茶が存在して初めて作品が生まれる。飲み干すと、作品は存在しなくなる。
作品はコンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けている。あらかじめ記録された映像を再生しているわけではない。全体として以前の状態が複製されることなく、鑑賞者のふるまいの影響を受けながら、変容し続ける。今この瞬間の絵は二度と見ることができない。

※WASO(ワソウ)とは
資生堂が世界88の国と地域で展開するブランド「SHISEIDO」が、2017年7月にアメリカとアジアの一部で若年層を対象に発売する新スキンケアラインです。商品のコンセプトは、「素材の良さを引きだすスキンケアで、あなたらしい美しさへ。」です。素材の良さを引きだすという和食のフィロソフィーから生まれたスキンケアで、肌のうるおいバランスを整え、毛穴の目立ち、テカリ・乾燥などのトラブルが起きない肌へ導きます。自由なスタイルで使えるステップフリーで、自分らしいありのままの美しさを最大限に引き出します。


■その他、主な展示作品

かみさまの御前なる岩に憑依する滝 / Universe of Water Particles on a Sacred Rock
teamLab, 2017, Digitized Nature

170428_takiiwa_02_R
作品: https://www.teamlab.art/jp/w/waterparticles-rock/


御船山楽園内、稲荷大明神にある巨岩(高さ3030mm幅4550mm)に滝をプロジェクションした作品。
水の動きを物理計算し、滝をシミュレーションし、実際の岩にプロジェクションマッピングしている。


増殖する生命の巨石 / Ever Blossoming Life Rock
teamLab, 2017, Digitized Nature
1700408_zoshoku_03_R
作品: https://www.teamlab.art/jp/w/ever-blossoming-stone/


御船山楽園苔生す巨岩(高さ4550mm 幅3830mm)にプロジェクションした作品。

長い月日をかけて形作られた巨岩に、花々が永遠に咲いては散っていく。一年間のこの地域の花々が変化していく。

花は生まれ、成長し、つぼみをつけ、花を咲かせ、やがて散り、枯れて、消えていく。つまり、花は誕生と死滅を、永遠に繰り返し続ける。

生命は、地球の何十億年という圧倒的な時間のスケールと、生命の永遠に繰り返されてきたサイクルでできている。しかし、人間は、なかなかそれを知覚することが難しい。

岩は無機物であり非生命である。しかし、花々の誕生と死滅が永遠に繰り返された時、圧倒的に長い時間をかけてできた岩の造形は、巨大な力強い生命の塊そのものであることに気が付く。


小舟と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング / Drawing on the Water Surface Created by the Dance of Koi and Boats – Mifuneyama Rakuen Pond
teamLab, 2015, Interactive Digitized Nature, 13min 24sec, Sound: Hideaki Takahashi
Drawing-on-the-water-surface-created-by-the-dance-of-koi and-boats_main_high_R
作品: https://www.teamlab.art/jp/w/mifuneyama/


御船山楽園の池の水面に映像を投影している。水面はセンシングされ、映像は池に浮かんで進む小舟とともにインタラクティブに変化する。魚の群れ全体に意思があるわけではなく、それぞれの魚は、近くの魚のふるまいに影響を受けながら自律的に泳いでいる。また、それぞれの魚は、小舟が静かに浮かんでいると周りに集まり、小舟が動き出すと避けていく。小舟のふるまい、そして他の魚のふるまいの影響を受け魚は泳いでいる。そして、その魚の群れの動きの軌跡によって作品は描かれていく。

 

グラフィティネイチャー - 廃墟の湯屋に住む生き物たち / Graffiti Nature - Living in the Ruins of a Bathhouse
teamLab, 2017, Interactive Digital Installation
grafithi_R
作品: https://www.teamlab.art/jp/w/public-bathhouse/


御船山楽園内の今は使われていない旧大浴場内に水をはり、その空間がみんなの描いた様々な生きものたちによって創られる自然の世界になります。

あなたが描いた生きものも、この場所のどこかにいます。探してみてください。

生きものたちは、他の生きものを食べたり、食べられたりしながら、共に同じ1つの生態系をつくっています。
あなたが描いて生まれた生きものは、他の生きものを食べると、増えていきます。そして、蝶は、花がある場所で、増えます。生きものたちは、他の生きものに食べられたり、他の生きものを食べれなかったりすると死んでいなくなります。

ワニは人が踏みすぎると死んでしまいます。そして、花は、あなたがじっとしているとたくさん咲きます。逆に、踏んで歩き回ると散ってしまいます。

描いて生まれた生きものを探したり、花を咲かせたりしながら、みんなで創っていくこの世界の中を探検してみてください。

この他の、新作を含む、全14作品を展示。


【開催概要】
資生堂 presents チームラボ かみさまがすまう森のアート展
https://www.teamlab.art/jp/e/mifuneyama2017/
会期: 2017年7月14日(金)~10月29日(日)
会場: 御船山楽園(佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100)
時間: 7/14-8/14(第一入門口 20:00-22:30)(第二入門口 19:30-22:30)
8/15-9/9(第一入門口 19:30-22:30)(第二入門口 19:00-22:30)
9/10-9/30(第一入門口 19:00-22:30)(第二入門口 18:30-22:30)
10/1-10/29(第一入門口 18:30-22:30)(第二入門口 18:00-22:30)
入場料: 大人1600円、中高生1200円、小学生800円、未就学児無料
主催: 御船山楽園、チームラボ
協賛: 資生堂

お問い合わせ

制作のご依頼・ご相談・お見積もりはお問い合わせください

お問い合わせ

採用

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について