MEDIA

2010.04.03

『NIKKEI DESIGN』4月号にて、猪子と坂井直樹氏の対談記事が掲載されました

掲載媒体:『NIKKEI DESIGN』
発行元:日経BP社 

掲載日:2010年3月24日発売
掲載ページ:62〜65頁 

掲載記事名:任天堂ゲーム機のデザイン


「家庭用テレビゲームの業界で、ソニーやマイクロソフトが選択した高画質戦略 (中略)なぜ、任天堂はゲーム業界の流れと一線を画した戦略を取れたのか」 「任天堂のゲームは日本文化の正当な後継者」と題した記事内にて、コンセプター、ウォーターデザインスコープ代表の坂井直樹氏と弊社猪子が対談をしました。体を動かすといった「気持ちよさ」をテクノロジーの拡張によって実現した Wiiリモコン。次なる任天堂の課題とも言えるインターネットについて、「ハードの時代は既に終わり、ソフトの時代になった」「もはや勝敗を決めるのは、物質的なプロダクトの外にある。ネットを含めた仕組みを作ることが付加価値になる」「これからのモノ作りというのは、ソフトウェアだとか、インタフェースのデザインだったり、インターネットをからめた仕組みをどう設計するかが求めら れる」と猪子は語りました。


▼掲載誌はこちら


http://nd.nikkeibp.co.jp/nd/archive/2010/04/

お問い合わせ

制作のご依頼・ご相談・お見積もりはお問い合わせください

お問い合わせ

採用

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について