MEDIA

2016.05.10

『O+』(Vol.1)にて、「チームラボ」の紹介。

『O+』(Vol.1)にて、「チームラボ」が紹介されました。
teamLab HAS NO BORDERS
作品と鑑賞者の間にある境界線を取り払った
チームラボの作品を読み解くうえで、まずキーワーソになるのが「インタラクティブ(双方性)」。従来のアート作品は作品と鑑賞者と間に境界があり、1対1の関係の中で鑑賞者が、完成された作品から何かを得るという一方性の関係にあった。(本文抜粋)
O+ Vol.1 (2016年5月10日/株式会社EditReal)
2016年5月10日(火)

お問い合わせ

制作のご依頼・ご相談・お見積もりはお問い合わせください

お問い合わせ

採用

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について