MEDIA

2001.10.25

ほしい情報だけ自動選択

掲載紙 : 日本経済流通新聞 出版社 : 日本経済新聞社 掲載日 : 2001/10/25

 ネット上にあふれる情報の中から、欲しいものだけを自動的に取捨選択してくれる。そんなシステムを現役東大大学院生が起こしたベンチャー企業チームラボ(東京・文京、電話03・3823・4567)が開発した。名前は「セレクトウェア」。  サイトを訪問した人たちのクリック履歴などを似たようなパターン別に分類、新たに来訪したユーザーの今後の行動を類推する。同時に実際の行動からその人地震の趣味嗜好も分析。そうして集まったデータを基に必要な情報を予測していく。例えばショッピングサイトに導入すると、買った商品や見ているページからユーザーの興味のありそうな商品を判断し瞬時に紹介できる。検索をする際も並び変えることが可能だという。代表の猪子寿之さんらは大学院で研究を続けながらビジネス化を進めており「世界標準のシステムにしたい」と意気込んでいる。

お問い合わせ

制作のご依頼・ご相談・お見積もりはお問い合わせください

お問い合わせ

採用

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について