EVENT

2016.09.09

TDK歴史みらい館(秋田県)に、磁性を視覚化し体感できるインタラクティブデジタルインスタレーション作品「インタラクティブ マグネティックフィールド シアター by チームラボ」を導入。2016/10/7〜常設

NOW OPEN

Oct 07, 2016 -

TDK歴史みらい館

TDK歴史みらい館(秋田県・にかほ市)のリニューアルで、四方と下方が全て映像に囲われた空間を、自由に歩き回りながら、肉眼では見ることのできない磁性を視覚化し体感できるインタラクティブデジタルインスタレーション作品「インタラクティブ マグネティックフィールド シアター by チームラボ」を導入します。
宇宙、地球、電子と3つの世界に分かれており、投影された関連する浮遊するオブジェクト(地球、惑星、オーロラや自由電子)に鑑賞者が触れると、それぞれの世界に移動します。
2016年10月7日(金)から常設。

TDK歴史みらい館: http://www.tdk.co.jp/museum/
URL: https://www.team-lab.net/jp/exhibitions/tdk_history_museum/

■展示作品
インタラクティブ マグネティックフィールド シアター by チームラボ / Interactive Magnetic Field Theater by teamLab
teamLab, 2016, Interactive Digital Installation, Sound: kengo Tokusashi1600_tdk_Space_1609_main

1600_tdk_Aurora_1609

1600_tdk_Spin_1609
作品: https://www.team-lab.net/jp/works/interactive_magnetic_field_theater/

四方と下方が全て映像に囲われた空間を、自由に歩き回りながら、肉眼では見ることのできない磁性を視覚化し体感できるインタラクティブデジタルインスタレーション作品。

宇宙、地球、電子と3つの世界に分かれており、投影された関連する浮遊するオブジェクト(地球、惑星、オーロラや自由電子)に鑑賞者が触れると、それぞれの世界に移動する。

・宇宙
太陽や惑星に触れると、光で描かれた磁性が、太陽や惑星から噴出され、途切れたりつながったりする。その軌跡に触れると、さらに変容する。

・地球
オーロラに触れると、様々な色に変化し揺れ動く。

・電子
「エレクトロニクスモード」
自由電子に触れると、自由電子が化学結合された格子の中を通過して行き、自由電子に複数回触れると、自由電子が化学結合された格子の中を一斉に通過し、格子が輝き、電気が通過する様子を表現。

「スピントロニクスモード」
自由電子に触れると、自転する方向と向きがかわり、奥へ進んでいく。方向によっては、速く飛んで行くものと、ゆっくり飛んで行くもがあり、それらによって電子の持つ方向と、性質を表現。

作品はコンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けている。あらかじめ記録された映像を再生しているわけではない。全体として以前の状態が複製されることはなく、鑑賞者達の位置やふるまいの影響を受けながら、変容していく。

【概要】
TDK歴史みらい館
会期: 2016年10月7日(金)〜常設
会場: TDK歴史みらい館(秋田県にかほ市平沢字画書面15
会期時間: 10:00〜18:00
休館日: 月曜日(祝日を除く)、TDK歴史みらい館の定める日
料金: 無料(団体の方は、事前申し込みが必要)
お問い合わせ: 0184-35-6580
アクセス: JR仁賀保駅より 徒歩約10分(タクシーで約3分)
TDK歴史みらい館: http://www.tdk.co.jp/museum/
URL: https://www.team-lab.net/jp/exhibitions/tdk_history_museum/

■TDK株式会社とは
http://www.tdk.co.jp/index.htm

 

お問い合わせ

制作のご依頼・ご相談・お見積もりはお問い合わせください

お問い合わせ

採用

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について