• Web

生活定点1992-2016

  • Web

生活定点1992-2016

博報堂生活総研による統計データ「生活定点」ウェブサイトの2016年版をチームラボが制作しました。性別や年代・地域別に、回答差の大きい項目を「まとめ見」できる新機能を追加。2014年版から引き続き、回答同士の相関度が高い項目がわかる「似てるかもグラフ」、グラフの形からデータを探す「逆引き」、グラフの推移を「自動で解説」するテキストも2016年版にアップデートしました。膨大な統計データを、身近なものとして楽しめるデザインです。

性別や年代・地域別に、回答差の大きい項目を「まとめ見」
人の属性(男性と女性、20代〜60代、首都圏と阪神圏)別に、特に回答差の大きい項目を自動でピックアップしたまとめページを作成しました。2016年の回答差だけでなく、差が徐々に拡大・縮小してきた項目、逆転している項目などをすぐに見つけることができ、属性別の「差の変化」を容易に見つけることができます。
推移の類似度が高い項目がわかる、「似てるかもグラフ」
約1,500項目のグラフ推移を対象者タイプ(20種類)別に総当たりで比較し、形の似ているグラフを自動抽出。約46,000,000通りの組み合わせから、回答同士の相関度の高い項目を表示しました。似てるかもグラフは、そのままSNSなどでシェアできます。
※類似データの算出方法:各グラフの推移(前回比)をベクトルとみなし、2グラフ間のベクトルのなす角度からコサイン類似度を算出。 その値をグラフの近さを表す評価値として、上位のものを自動抽出して表示しています。
7種類のグラフの形から、データを「逆引き」
特徴的な7つのパターンをもつグラフを、自動抽出してリストアップ。「全体的に上り調子」「ここ2年で最も上昇」「山型」「V字型」などの推移を追うことで、回答傾向の変化を俯瞰して見ることができます。
膨大な数のグラフを「自動で読み解く」解説テキスト
グラフの推移を自動で読み解き、調査結果の解説テキストを生成。概況だけでなく、年代差・男女差・地域差の変化まで、グラフを見なくても把握することができます。
クライアント
博報堂生活総研
URL
http://seikatsusoken.jp/teiten/

お問い合わせ

制作のご依頼・ご相談・お見積もりはお問い合わせください

お問い合わせ

採用

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について