• ブランディング
  • 映像制作

松竹オープニングロゴ

  • ブランディング
  • 映像制作

松竹オープニングロゴ

2015年に創業120周年を迎える松竹の、映画本編用オープニングロゴ(※1)と、ブルーライン(※2)用オープニングロゴを、チームラボが制作しました。

映画本編前に流れるオープニングロゴは、「継承」と「発展」を表現をするために、松竹映画の伝統ある富士山を、デジタル上の3次元空間に立体的に構築し、チームラボが長年取り組んできた古来の日本の空間認識の論理構造によって伝統的な日本美術の平面にすることで映像にしています。
http://youtu.be/Bls9kP4vxJk

ブルーラインのオープニングロゴは、新たなクリエイターを感じさせる「創造性」と「先進的」をテーマに、今回制作した松竹映画本編前に流れるオープニングロゴの表面を剥がし、構造をそのままむき出しにすることで描いています。
http://youtu.be/YQ09yUOn-3s


※1:オープニングロゴ
映画作品などの冒頭で使用されるロゴマークのこと。


※2:ブルーライン
新たなクリエーターの発掘、若手監督・プロデューサー等の育成を目的として、製作、公開してきたチャレンジ企画作品。2015年度より、レーベル名がブルーラインとなります。

 

 

movie titlePLAY MOVIE
クライアント
松竹株式会社
URL
http://www.shochiku.co.jp/

お問い合わせ

制作のご依頼・ご相談・お見積もりはお問い合わせください

お問い合わせ

採用

エンジニア、ディレクター、デザイナー、アルバイト募集中

採用について