映像制作

日本画の伝統的世界観を最新技術によってフルCG化した作品や、遠近法のない平面的な世界を空間表現した作品など、自社のノウハウやテクノロジーを駆使した映像が、新しい体験を可能にします。さらに、映像制作とプログラミングの両方の技術を用いることで、プロジェクションマッピングや、MR(複合現実)演出などによる、新しい映像体験を提供します。

Solution

12 results

Product Case

2 results

News

17 results

MEDIA

ウェブサイト『AdverTimes(アドバタイムズ)』にて、「大阪芸術大学 OPEN CAMPUS」の紹介。

大学では9月に開催したオープンキャンパスで、直径16メートルの全天周実験ドームを一般に公開。日本に2個しかないレンズで撮影され、4K魚眼レンズ対応のプロジェクターを使って投影された全天周映像は、今後の映像制作における大きな可能性を秘めていた。国内でドーム施設を擁する大学は3校しかなく、その中でも大阪芸術大学の実験ドームは最大規模である。(本文抜粋)web版で全文を読む>>AdverTimes2016年11月17日(木) 続きを読む

NEWS

チームラボ、ベラージオ(ラスベガス)で、2016年5月上旬開催の「Japan KABUKI Festival in Las Vegas 2016」にて、昨年に引き続き、噴水ショーの映像制作を担当。

チームラボ、ベラージオ(ラスベガス)で、2016年5月上旬開催の「Japan KABUKI Festival in Las Vegas 2016」にて、昨年に引き続き、噴水ショーの映像制作を担当。今回は日本文化をテーマに、ベラージオの噴水と映像によるショーを予定。会期: 調整中会場: アメリカ・ラスベガス ベラージオの噴水(3650 LAS VEGAS BLVD. LAS VEGAS, NV 89109)※特設舞台での歌舞伎公演はございません主催・製作: 松竹株式会社協力: MGM Resorts … 続きを読む

MEDIA

ウェブサイト『共同通信社』にて、豊後高田市役所新庁舎の「四季千年神田図 – 田染荘」の紹介。

Tashibunosho  ミラノ万博(2015年ミラノ国際博覧会)において、The best display prizeの金賞を受賞した日本館での展示作品、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」でのオープニング映像制作などをはじめ、国内外で活躍中の、ウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」(代表  猪子寿之)による、新たな常設作品の展示が開始されます。  今回の作品では、国の重要文化的景観に選定されており、千年以上変わらず続く景色の「田染荘」を、… 続きを読む

View More

Recruit

1 result

インタラクティブ(グラフィック・モーション / プログラミング)

いる・インタラクティブコンテンツの設計、開発あると望ましい経験・スキル・Unityなどゲームエンジンの使用経験・Photoshop、Illustrator・OpenFrameworks、Processing・3DCGやAfterEffectsを用いた映像制作の経験がある ・モーション制作に必要な数学、物理の知識・GLSL、HLSL、CgなどのShaderの開発経験#8;・Compute ShaderなどGPGPUの開発経験・Unityや3DCGソフトのプラグイン・拡張によるツールの制作経験 ・デザイナーとしての業務経験がある・ファッション・音楽・デザインなどクリエイティブな業界で働いたことがある 選考プロセ… 続きを読む